れ組スタジオ・東京・online

2018年11月20日  

サイト内の検索

ホーム > れ組通信の記事 > 11月11日(土)~12日(日)「2017シニア女性映画祭・大阪」
17年10月30日

11月11日(土)~12日(日)「2017シニア女性映画祭・大阪」

若林苗子

「2017シニア女性映画祭・大阪」のお知らせ ♪♪♪

★今年も11月に大阪でシニア女性映画祭が開催されます。シニア女性映画祭はシニアの女性監督作品、シニア女性が描かれた作品を上映していて、見応えのある作品が上映されます。今回、わたしは11月12日(日)午後14:20から上映される台湾の「日常対話」-small Talk (ホアン・フェイチェン監督 2016年 89分 2017年ベルリン映画祭ドキュメンタリー賞受賞・各国の映画祭で上映)に注目しています。

 

「母は毎朝、私の昼食を作ってから出かけ、夜は食事を済ませて帰宅。母と私は同居しているのに何十年も他人同士のような生活。お早うもない、愛されているのかもわからない。母の沈黙の中に、重くのしかかった秘密があると感じた私は、母の重い口を開かせるため、勇気をふるい起した。カメラがその力になってくれた。」(「2017シニア女性映画祭」チラシより)

お母さんの秘密。それは、セクシュアリティに関することのようです。

この映画のストーリーについては、以下をぜひご覧下さい。

http://japan.cna.com.tw/topic/column/201704220001.aspx

 

この作品の他、原発問題をテーマにした、「飯館村の母ちゃんたち 土とともに」(古居みずえ監督 2016年)「原発の町を追われて・3 双葉町 ある牛飼いの記録」(堀切さとみ監督 2017年)、日本の女性労働の状況は、どう変わったのかをドキュメンタリーした「たたかいつづける女たち~均等法前夜から明日へバトンをつなぐ~」(山上千恵子監督 2017年)、パレスチナをテーマにした「ナジャハ」(ハイサム・アルディ監督 イスラエル 2012年)、エジプトの女たちの状況を描いた「善き一日」(ディナ・アブド・エルサラム監督 エジプト 2016年)、祖母・母のディアスポラの人生を当時の映画・流行歌を交差させて描く、アート系実験映画「記憶のかけらから」(マディ・ザイート監督 イギリス 2013年)等々盛沢山です。ぜひあなたも女たちが作った映画を見に行きませんか?

 

(注:ディアスポラとは、元の国家や民族の居住地を離れて暮らす国民や民族の集団ないしコミュニティ、またはそのように離散すること自体を指す。難民とディアスポラの違いは、前者が元の居住地に帰還する可能性を含んでいるのに対し、後者は離散先での永住と定着を示唆している点にある。)

 

 

★映画祭の詳しいことは、http//sister-waves.fem.jp/     Blog: sisterwave.exblog.jp

 

2017 シニア女性映画祭・大阪

《今日を生きる》

と き:2017/11/11(土)/2017/11/12(日)

●ところ:すてっぷホール

     とよなか男女共同参画推進センター エトレ豊中5F(阪急宝塚線豊中駅下車すぐ)

●入場料:各プログラム 前売り 800円 当日 1000円

●1日通し券:11日:1800円/12日:1200円/●2日通し券:2500円

(高校生以下・福島原発事故避難者・車椅子・同伴者無料)

●定員:上映毎148席 入れ替え制

●前売り予約申込:sister-waves&qc.fem.jp &→@に。

●当日受付にて清算 *チラシ持参の方:前売り 800円

●監督を囲む会 「私が映画を撮る理由」(視聴覚室)通訳あり

11月11日(土)17:15~18:45 30名まで

会費:1500円 予約締切:11月4日(土)*ぜひご参加ください。

                  申込:sister-waves&qc.fem.jp &→@に

 ●一時保育(1歳から小学3年生まで)11月4日(土)まで。要予約。
●保育申込:sister-waves&qc.fem.jp &→@に

コメントを残す

*

れ組の掲示板

※あなたの意見や、イベント、集まりのお知らせなどもどうぞ。こちらから

れ組メンバーのブログ

※れ組のメンバーたちのブログ。 こちらから


れ組通信online 記事一覧


れ組通信online 話題一覧