れ組スタジオ・東京・online

2019年4月20日  

サイト内の検索

ホーム > れ組通信の記事 > ★(新着)2018年を振り返って
18年12月31日

★(新着)2018年を振り返って

若林 苗子

今日は12月31日。2018年ももうすぐ終わる。12月になり、この所寒い日が続いているが、この夏の暑さは、本当に厳しかった。35度以上の日々が何日も続くなんて、完全に亜熱帯だ。地球温暖化がこのまま続いていったら、この地球で人間は暮らせなくなる、何とかくい止めなくてはいけないと思う。
★以下気になったニュースを書いてみます。
〇杉田水脈議員が「新潮45」(2018年8月号)に書いた「LGBTは、生産性がない」という主張は、ひどかった。しかし、この主張に対して、LGBT当事者等から大きな抗議の声が上がり、自民党本部に約5千人の人たちが集まり、抗議した。これは画期的なことだった思う。「新潮45」は休刊に追い込まれたが、当の杉田議員は謝罪を一切しておらず、ほとぼりが覚めるのを待っている感じ。これもヒドイ。
〇多くの医科大学で女性受験生差別が行われていることが分かったという事実には、びっくり仰天した。東京医科大では、女子受験生に対しては一律に減点して、合格者の男女比を操作していたという。ヒドイ!!あきれてものも言えない。
〇更に中央省庁が障がい者の雇用数を水増ししていた問題もヒドイ!! 障がい者雇用を推進しなくてはいけない国の行政機関での不正は許せない。なぜ水増しが行われるようになったのかをはっきりさせ、二度とこのようなことが起きないようにしてほしい。
〇美しい海を土砂で埋め、沖縄辺野古に米軍基地建設を強行している安倍政権。どうしてここまでいってしまうのか?沖縄に住む人たちの気持ちをどうして考えられないのか?沖縄の米軍基地の問題は、沖縄だけの問題ではない、本土に住む人間も自分ごととして考えなければ、と思う。
★良かったこととして
〇当事者たちが声を上げてきたことで、「パートナーシップ制度」など、LGBTへの人権施策の導入が様々な地方自治体で進んでいるのは、めざましい変化だ。LGBT(性的少数者)に関する肯定的な記事がメディア(特に新聞)でひんぱんに見られるようになったことも、少し前には考えられなかったことだ。この流れをこれからも継続していくため、わたしたちも声を上げていこう。
〇#Me Too運動を始め、性暴力の被害にあった人たちが声を上げ始めていること、とても重要だと思う。声を上げるのは、どんなに困難なことか。被害にあった人たちを孤立させてはならない。
2019年、新しい年が平和な年になりますように。

コメントを残す

*

れ組の掲示板

※あなたの意見や、イベント、集まりのお知らせなどもどうぞ。こちらから

れ組メンバーのブログ

※れ組のメンバーたちのブログ。 こちらから


れ組通信online 記事一覧


れ組通信online 話題一覧