れ組スタジオ・東京・online

2017年4月28日  

サイト内の検索

ホーム > れ組通信の記事 > 「れ組2014夏の合宿&交流会-れ組・ザ・オールド」の感想
14年09月14日

「れ組2014夏の合宿&交流会-れ組・ザ・オールド」の感想

若林苗子

7月26日(土)~28日(月)の三日間、埼玉の国立女性教育会館(NWEC)でれ組スタジオ・東京の「夏の合宿&交流会」を行った。1977年に開館した同会館は緑あふれる広大な敷地の中、研修棟・宿泊棟・図書館・テニスコート・体育館・カフェテリアなどがゆったりしたスペースで点在していて、合宿・研修などにぴったりの場所だ。わたし自身はこれまでに何回も利用しているが、「れ組スタジオ・東京」がグループとしてNWECを使ったのは、初めてだった。本部棟の電光掲示板にその日利用するグループ等の名が掲示されるのだが、「れ組2014夏の合宿」も勿論出ていて、感慨ひとしおだった。丁度この時期34、35度の猛暑が続き暑かったのだが、交流会・分科会・おしゃべり・食事・ビデオ&DVDの上映など、楽しい時間を持つことができた。

 

今回合宿を行ったきっかけの一つは、れ組のメンバーでカナダ在住のFさんが、夏に一時帰国することになり、オールドのレズビアンたちに会いたいと言っていたことだった。2012年7月ボストンで開かれたオールド・レズビアン(OLOC)のアメリカ全国大会にわたしやれ組のメンバー計4人が日本から参加したが、FさんもパートナーのEさんと参加。わたしはこの集まりに参加して、数多くのオールド(60才以上)・レズビアンに会い、大いに刺激を受けた。オールド(年を重ねた)レズビアンたちが集まり、交流することの素晴らしさと必要性を実感し、日本でもオールド・レズビアンのネットワークを作っていきたいと思った。

 

そして夏の暑い時期ではあるけれど、これを機にれ組主催の「夏の合宿」をやろうと企画。ただし、今回参加者はオールドに限らなかった。呼びかけ文は「れ組のメンバーは、50、60代以上が多く、年を重ねることによって直面すること、考えることなどが沢山あります。自分たちの生活のこと、社会のことなどお互いの体験をシェアし、今後の生活のためのエネルギーにしたいと思います。又れ組メンバーには30,40代の人もいますので、若い世代の人たちとも交流できます。」とし、「れ組スタジオ・東京」の事務所があった昨年2月までの維持会員・通信の購読者の人たちにお知らせを郵送し、又れ組のホームページのお知らせ欄にも掲載した。

 

第一日目の7月26日(土)は夕方集合。夕食・入浴の後、夜は交流会で、久し振りに会う人、初対面の人など、自己紹介をして盛り上がった。第二日目27日(日)午前中の分科会は「おひとり様の介護」ビデオ&DVD上映と話し合いだった。ビデオには、高齢になり、一人暮らしだったが、現在はかなり自由に暮らせる「グループリビング」で生活している女性が出てきてわたしはとても興味深かった。ビデオ&DVDを見た後、参加者に感想を話してもらった。60代以上の参加者にとっては、年を重ねる上で直面することは現実問題。一方30代、40代の参加者にとっては、自分の老後より、まずは親の介護のことが直面する問題という話しがでた。パートナーがいてもいなくてもわたしたちは誰でも年を重ねていく。一人暮らしのレズビアン=セクシュアル・マイノリティが、自分のセクシュアリティを隠さず、誇りを持って、最後まで生きていきたい。これから安心して生きていくためのネットワークを作りたいね、という話しになった。

 

二日目の午後は、分科会「中村遊さんの生きた道=遊さんのことを語ろう」の分科会をした。「れ組スタジオ・東京」の創設メンバーの一人だった中村遊さんは、2012年10月に90才で亡くなった。遊さんは婚外子として生まれ、子どもの時に差別を受けた。戦前・戦後の時代の波をもろに受けながら、“女を愛する女”として熱く生き、1987年3月に誕生した日本で初めてのレズビアンの事務所「れ組スタジオ・東京」の創設に大きな貢献をした。中村さんのことを知っている参加者からそれぞれ思い出が語られ、中村さんが残した自伝(未刊)を将来ぜひ形にしたいねという話しになった。その後、分科会「養生体操」が行われた。

 

今回参加者の数は3日間で延べ16人だった。お互いの顔を見ながら、ゆっくり話すことができたのは、良かったと思う。酷暑の中、体調を悪くする人もなく、無事に終わってほっとした。参加者の多くから、又れ組の合宿をやりたいねという声が上がった。ホームページを見て参加した、初対面のオールドの参加者はいなかったが、ホームページでの宣伝が目立たなかったとの意見もあり、今後は工夫したい。次回は気候が良い、春か秋にやりたいです!!

コメントを残す

*

れ組の掲示板

※あなたの意見や、イベント、集まりのお知らせなどもどうぞ。こちらから

れ組メンバーのブログ

※れ組のメンバーたちのブログ。 こちらから


れ組通信online 記事一覧